中国株(終了):下落、不動産や銀行が安い-融資拡大ペース鈍化で

中国株式市場では、上海総合 指数が9営業日ぶりに下落した。同国の10月の新規融資が前月を下 回り与信拡大のペースが鈍化したことを受け、不動産株や銀行株が値 下がりした。一方、消費関連株は上昇した。

時価総額で中国2位の不動産開発会社、保利房地産集団 (600048 CH)は1.4%安。招商銀行(600036 CH)は2.1%値下 がりした。与信の引き締めで利益が損なわれることへの懸念が広がっ た。一方、10月の同国の小売売上高の伸びが加速したことが好感さ れ、時価総額で国内酒造最大手の貴州茅台酒(600519 CH)は

1.9%上昇した。

上海証券取引所の人民元建てA株と外貨建てB株の双方に連動 している上海総合指数は前日比3.42ポイント(0.1%)安の

3175.19で終了。前日までの8日間で7.4%上げていた。上海、深 セン両証取のA株に連動しているCSI300指数は前日比0.2%安の

3495.67。

チャイナ・インターナショナル・ファンド・マネジメントで運用 に携わる趙梓峰氏(上海在勤)は「恐らく金融引き締めの始まりだろ う」と述べた上で、「景気への楽観論はすでに株価に織り込まれてい る」と語った。

--Zhang Shidong. Editors: Richard Frost, Linus Chua

参考画面: 翻訳記事に関する翻訳者への問い合わせ先: 東京 関根裕之 Hiroyuki Sekine +81-3-3201-7850 hsekine@bloomberg.net Editor: Akiyo Kinoshita 記事に関する記者への問い合わせ先: Zhang Shidong in Shanghai at +86-21-6104-7014 or szhang5@bloomberg.net 記事に関するエディターへの問い合わせ先: Linus Chua at +65-6212-1530 or lchua@bloomberg.net

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE