英中銀はインフレ率目標下回ると予想へ、追加緩和の必要も-前委員

【記者:Brian Swint and Deirdre Bolton】

11月10日(ブルームバーグ):イングランド銀行(英中央銀行) の金融政策委員会(MPC)のデービッド・ブランチフラワー前委員 は10日、英中銀が11日に公表する四半期インフレ報告で、中期的な インフレ率が中銀目標の2%に達しないとの見通しが示される公算が 大きいと語った。

ブランチフラワー氏はブルームバーグテレビジョンとのインタビ ューで、インフレ報告が「この規模の量的緩和に基づけば、インフレ 率は目標に届かないと予想される」というような表現になる可能性が 高いと指摘。その上で、「英中銀当局者は量的緩和の追加を迫られるの ではないかと懸念している」と付け加えた。

イングランド銀は先週、資産買い取りプログラムの規模を250億 ポンド(約3兆7400億円)拡大することを決定したが、ブランチフラワ ー氏はこれについて、500億ポンド拡大すべきだったと述べた。

イングランド銀は11日午前10時半(日本時間午後7時半)から記 者会見を開き、最新の経済成長とインフレ見通しを盛り込んだ四半期 インフレ報告を公表する。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE