NY原油時間外:79ドル近辺-API在庫増と中国工業生産増綱引き

ニューヨークの原油先物相場は 11日の時間外取引で1バレル=79ドル近辺で推移している。米原油と 燃料の在庫が増えていることが中国の景気拡大よりも材料視されてい る。

米石油協会(API)は10日、先週の原油在庫が122万バレル増 の3億3750万バレル、ガソリン在庫が140万バレル増となったと発表 した。米エネルギー省エネルギー情報局(EIA)の先週の原油在庫 は12日に発表される。10月の中国の工業生産は前年同月比16.1%増 だった。

ハドソン・キャピタル・エナジーのトレーダー、クラレンス・チ ュー氏は「原油在庫増は予想されていたが、ガソリン在庫は例年この 時期は減少するので、これが弱気材料となった。中国の工業生産は需 要増が見込めるので支援材料だ」と指摘した。

ニューヨーク商業取引所(NYMEX)の原油先物12月限はシン ガポール時間午後零時33分(日本時間午後1時33分)現在、19セン ト安の78.86ドルで取引されている。前日の通常取引は38セント安の

79.05ドルで引けた。年初来の上昇率は77%。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE