中国政府系の中央匯金公司、最大約1.05兆円起債へ-関係者

中国の政府系ファンド(SWF)、 中国投資公司(CIC)傘下の中央匯金公司は最大800億元(約1兆 500億円)の債券発行を計画している。事情に詳しい関係者3人が11 日明らかにした。

この関係者らによると、中国大手行の経営支配権を持つ中央匯金 公司は、調達した資金を、中国輸出入銀行と中国出口信用保険公司に 注入する。計画を公表する権限がないことを理由に匿名で語った。

関係者1人によれば、貿易金融を手掛ける国有の中国輸出入銀行 は120億ドル(約1兆800億円)相当を、中国出口信用保険公司は40 億ドル相当を中央匯金公司から受け取る。関係者らによると、中央匯 金公司はまだ債券発行計画の詳細については決めておらず、財務省に 対し代わりに発行を依頼する可能性がある。

中国当局は、政府指導による融資で銀行の不良債権が急増したこ とを受け、過去10年間で約6500億ドルを投じて国有銀行の改革に取 り組んできた。中央匯金公司は2003年に設立され、これまでに外貨準 備を使って中国工商銀行と中国銀行を支援した実績がある。輸出入銀 と出口信用保険に公的資金を投入するために債券を発行するのは今回 が初めてとなる見込み。

関係者は、中央匯金公司が最終承認を得るため国務院に発行計画 を提出したと述べた。中央匯金公司のウェブサイトによれば、同公司 は中国の4大銀行(工商銀、中国銀、中国建設銀行、中国農業銀行) に35-68%出資している。同公司の広報担当者は計画に関するコメン トを控えた。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE