ミサワ株が2カ月ぶりの上昇率、コスト削減効果で上期経常増益に一転

住宅大手のミサワホームの株価が 一時、前日比7.8%高の358円と大幅続伸し、2カ月ぶりの上昇率を記 録した。原価低減や経費削減効果により、上期(2009年4-9月)の 連結経常利益が従来計画の減益から増益に転じたもようと発表、収益悪 化懸念が和らいだ。

同社が10日取引時間終了後に発表した上期業績予想の修正による と、連結経常利益は前年同期比13%増の36億円となったもようだ。従 来は同37%減の20億円を見込んでいた。売上高は従来計画を3.2%下 回るものの、「原価低減に加え、広告の出稿見直しや出張の抑制など経 費削減効果が予想よりも出た」と同社経営企画部広報・IRグループの 酒井和子氏は語った。

10年3月期通期の業績予想は精査中で、13日に予定している上期 決算発表で開示する。現時点の連結経常利益予想は前期比14%減の60 億円で、上期の進ちょく率は60%に達している。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE