中国10月の新規融資:2530億元に減少-M2は最大の伸び

中国人民銀行(中央銀行)が11 日にウェブサイトで発表したところによると、同国の10月の元建て 新規融資は2530億元と、9月の5167億元を下回った。中国政府当局 は、融資基準の厳格化と資産価格バブル回避に向け、一段の対策を打 ち出している。

中国の今年1-10月の新規融資の総額は8兆9200億元。同時に 発表されたM2(広義の通貨供給量)は前年同月比29.4%増と過去最大 の伸びを記録した。

ブルームバーグ・ニュースが20人のエコノミストを対象に行なっ た調査では、10月の新規融資は3700億元(予想中央値)が見込まれ ており、予想を下回った。前年同月は1818億6000万元だった。M2 は、エコノミスト調査で前年同月比29.5%増(予想中央値)が見込ま れていた。

バンク・オブ・アメリカ・メリルリンチのエコノミスト、陸挺氏 (香港在勤)は「資産価格のブームと崩壊を回避するために、中国は 来年、金融引き締めが必要になる」との見通しを示した。「景気回復が 順調に進むにつれ、当社は中国が2010年の春ごろに引き締め方向の金 融スタンスを採用すると予想している」と語った。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE