ムーディーズ:東芝がアレバ事業落札なら格下げ方向で見直しの可能性

ムーディーズ・インベスターズ・サ ービスは11日、東芝が原子炉製造最大手、仏アレバ社の送配電・変電事 業の売却案件に応札したことについて、「東芝が正式に落札すれば、同 社のBaa2/Prime-2の格付けは格下げ方向で見直しとなる可能性が高い」 とのコメントを発表した。

ムーディーズは、「東芝の提示金額や資金調達方法は公表されてい ない。落札者が未定であるため、ムーディーズは現時点では格付けアク ションはとらない」と断った上でコメントした。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE