武田:控訴するかは弁護士と協議-プレバシドの特許侵害裁判で

【記者:松井博司】

11月11日(ブルームバーグ): 武田薬品工業は11日、自社の抗 かいよう薬「プレバシド」の溶解錠「プレバシド・ソルタブ」の特許侵 害の訴えを米国の裁判所が退けたことに対し、控訴するかどうかは、米 国の弁護士と協議して決定する、との方針を明らかにした。

コーポレート・コミュニケーション部の小栗充生氏がブルームバー グ・ニュースの取材に応じた。小栗氏は「当社の主張が受け入れられな かったのは、大変遺憾」としたうえで「今後もカピデックスなどの新製 品を通じて、プレバシドで築いた消化器領域での米国におけるプレゼン スの維持強化に努める」とコメントした。

イスラエルのテバファーマスーティカル・インダストリーズは10 日、米デラウェア州ウィルミントンの連邦地裁が、プレバシド・ソルタ ブのジェネリック(後発)医薬品について、武田薬品の特許を侵害して いないとの判断を下したことを明らかにした。テバは次の措置を取る前 に、裁判所の判断を検討するとしている。

--取材協力:Eiji Toshi Editor:Tetsuki Murotani Noriko Tsutsumi

参考画面: 記事に関する記者への問い合わせ先: 東京 松井 博司 Hiroshi Matsui +813-3201-2068 hmatsui2@bloomberg.net 記事に関するエディターへの問い合わせ先: 東京 大久保 義人 Yoshito Okubo +813-3201-3651 yokubo1@bloomberg.net 東京 Steven Mcpherson +81-3-3201-8212 smcpherson@bloomberg.net 東京 Peter Langan +81-3-3201-7241 plangan@bloomberg.net

株式に関するニュース

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE