カナダ・ドル:続伸、約2週間ぶり高値-株式・原油が大幅安回避で

10日の外国為替市場でカナダ・ ドルは、過去2週間余りで最も高い水準に上昇した。この日の株式と 原油相場が結局、大幅安とはならなかったため、5月以来の大幅高と なった前日に続いて買われた。

トロント・ドミニオン銀行のチーフエコノミスト兼ストラテジス ト、エリック・ラッセルズ氏(トロント在勤)は「カナダ・ドルは勢 いに引っ張られる傾向がある。前日の急上昇を受け、幾分、勢いが市 場に向かっているように思える」と述べた。

カナダ・ドルは、ニューヨーク時間午後4時20分(日本時間11 日午前6時20分)現在、前日比0.6%高の1米ドル=1.0495カナダ・ ドル(1カナダ・ドル=0.9528米ドル)。一時は同0.5%安となった が、その後1.0484カナダ・ドルまで上昇し、10月23日以来の高値 を付けた。前日は1.0553カナダ・ドルだった。

カナダ国債相場は、ほぼ変わらず。10年物国債(表面利率3.75%、 2019年6月償還)の利回りは、前日比1ベーシスポイント(bp、 1bp=0.01%)低下し、3.49%。価格は同8セント高の102.10 カナダ・ドルだった。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE