米トウモロコシ先物:上昇-収穫の遅れで米国の生産高減少との観測

シカゴ商品取引所(CBOT) のトウモロコシ相場は10日、上昇した。10月の米中西部が低温・ 多雨で、同国の生産高が減少するとの観測が強まった。

米農務省が10日発表した需給報告によると、米国の収穫高予想 は129億2100万ブッシェルと、10月時点の予想から0.7%引き下 げられた。ニューエッジUSAの穀物調査担当ディレクター、ダン・ セカンダー氏によると、トウモロコシの63%がまだ収穫されておら ず、収穫高はさらに0.6%落ち込む可能性がある。

セカンダー氏は「収穫高は減少するはずだ」と予想。「強気の筋 書きが続くかどうかは来年の作付けが増加するかどうかにかかって いる」との見方を示した。

CBOTのトウモロコシ先物相場12月限は前日比8.5セント (2.2%)高の1ブッシェル当たり3.945ドル。9日には5.2%上 昇した。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE