イエレン総裁:雇用拡大には「緩和措置」の継続が必要

サンフランシスコ連銀のイエレ ン総裁は10日、雇用拡大を確かなものとし、インフレ率をこれ以 上低下させないようにするため、「金融当局は緩和措置を継続する 必要がある」と述べた。

同総裁はフェニックスで講演、「もちろん、いずれは金融引き 締めが必要であり、そのための措置も当然用意しており、確実に実 行する時が来る。その段階に至るまでは、雇用創出を促し、インフ レ率が物価安定を維持するために必要な水準以上に低下しないよう、 金融緩和措置が必要だ」と述べた。

さらにイエレン総裁は、「正式にリセッション(景気後退)は 終了していない。しかし幅広い経済統計は米経済が峠を越したこと が示唆されている」と述べ、力強さと持続性に疑問は残るが、景気 は「持続的な拡大期」に入ったようだと指摘した。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE