米財務長官:APECではアジア各国の内需拡大を協議へ

ガイトナー米財務長官は今週 開かれるアジア太平洋経済協力会議(APEC)財務相会合で、アジ ア各国における内需拡大の必要性を協議する見通しだ。財務省関係 者が10日明らかにした。

同関係者は電話会議で、世界経済が均衡を取り戻し、金融危 機の再発を防止するためにアジア各国は個人消費を促し、柔軟な為 替政策が必要だと述べた。

同関係者はまた、中国が長期計画として掲げている為替政策の 柔軟性向上を歓迎すると述べ、各国政府が講じた緊急措置の解除は時期 尚早だとの米国の考えをあらためて示した。

ガイトナー長官は10-11日の予定で日本に滞在し、12日にはシ ンガポールで開かれるAPECに出席する。

ガイトナー財務長官は10日夜、藤井裕久財務相と会談。藤井 財務相は、「米国経済を貯蓄経済に戻すためにドルを強くしたい」 とするガイトナー長官の主張を「再確認した」と述べ、支持する姿 勢をあらためて表明した。会談後、藤井財務相が記者団に明らかに した。

原題:Geithner to Urge APEC to Boost Domestic Growth,

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE