OPEC:次回総会での増産決定は不要、在庫は高水準-調査責任者

石油輸出国機構(OPEC) の調査部門責任者、ハサン・カバザード氏は10日、アンゴラで12 月に開催されるOPEC総会で生産枠を拡大する必要はないとの認識 を示した。在庫水準が「極めて高い」ことを理由に挙げた。

カバザード氏はカタールのドーハでインタビューに応じ、「生産 を増やす必要は認められない。特に製品の在庫水準は懸念材料だ。現 時点での試算によれば、来年初めに在庫が増え始める見込みだ」と語 った。

同氏によれば、先進国の原油備蓄は58-59日分に減少している が、来年初めには増加に転じる見込み。OPEC加盟国による生産枠 の順守率は62-63%と、3月の89%から低下したという。

カバザード氏は「来年初めに増産が必要になるとは考えていな い」と言明した。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE