米TIPS購入を推奨、米金融政策維持で物価上昇懸念-バークレイズ

バークレイズ・キャピタルは、米 国のインフレ連動債(TIPS)の購入を投資家に勧めている。米連 邦準備制度理事会(FRB)が向こう数カ月間にわたり現行の政策金 利を維持することで、消費者物価の上昇懸念が高まると予想している。

アラン・ジェームズ氏(ロンドン在勤)を含むアナリストらは9 日のリポートで、「FRBが2010年8月まで政策金利を据え置くとの 予想に基づきアウトライトでの買いを勧める」と記した。

同社の分析モデルによれば、市場のインフレ期待を表す10年物の 米国債とTIPSの利回り格差(ブレークイーブン・インフレ率)は 現在の2.23ポイントから年内に2.40ポイントまで上昇する見通し。 年初は0.09ポイントだった。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE