グーグル携帯:来春にソフバンクも投入-ドコモの第2弾は夏までに

国内携帯電話同3位ソフトバンク モバイルは10日の冬春向け端末発表に合わせ、米グーグルの無償OS (基本ソフト)「アンドロイド」搭載機種を来春発売すると表明した。 国内最大手NTTドコモに追随する形。スマートフォンでは米アップル の「iPhone(アイフォーン)」を代行販売している。

山田隆持ドコモ社長もグーグル携帯について同日の発表会で、今夏 投入の台湾HTC製の端末に続き、英ソニー・エリクソン・モバイルコ ミュニケーションズが海外で販売中の端末を「来年春から夏に掛けて出 したい」と語った。冬春向けではドコモ初の韓国サムスン製端末として 別のスマートフォンを投入する。

孫正義ソフトバンク社長は発表会で「スマートフォンの王者は世界 的に見てもアイフォーン」だが、多様な顧客ニーズに対応してグーグル 携帯を投入すると説明。孫社長は「相手も世界で発表していない新機 種」だとして、供給元に関する言及は避けた。新端末は3.7インチの有 機EL画面などを搭載する予定。

今回発表ではソフトバンクが、無線LAN(域内通信網)を併用し て大容量データを送受信できる機種を一気に8機種投入するとした。合 わせて携帯向けに映画や雑誌、新聞などの内容を無線LAN経由で配信 するサービスを開始する。データ関連収入の拡充が狙い。

孫社長はデータ通信を呼吸になぞらえ、既存の携帯通信網が「鼻」 だとすれば、容量の大きい無線LANは「口」だと説明。新サービスで はコンテンツ(情報の内容)を携帯向けに「最適のサイズとレイアウ ト」で提供すると語った。

同じくデータ通信収入拡充を掲げるドコモも今回、契約世帯別に設 置する小型中継局の提供サービスを開始すると発表。光ファイバーなど 固定通信網とつなげば、携帯による高速通信が可能になる。

山田氏は無線LANに関し、ドコモも併用サービスをすでに手掛け ていると強調し、携帯電話向けでは「補完的」なものに過ぎないと語っ た。このほかドコモは、表示部分と本体を分離可能で、通話しながらメ ールの内容などを確認できる富士通製の端末も来春発売する。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE