英ボーダフォンの4-9月:営業利益2.9%増-コスト削減を継続

世界最大の携帯電話サービス会 社、英ボーダフォン・グループが10日発表した2009年4-9月(上 期)決算は、営業利益が前年同期比2.9%増加した。同社はコスト削 減を一段と進める方針を示した。

電子メールで送付された文書によれば、上期のEBITDA(利 払い・税金・減価償却・償却控除前利益)は74億6000万ポンドと、 前年同期の72億4000万ポンドから増加した。売上高は前年同期比

9.3%増の217億6000万ポンド。ブルームバーグ・ニュースがまと めたアナリスト予想平均は、EBITDAが74億7000万ポンド、 売上高が217億ポンドだった。

ビットリオ・コラオ最高経営責任者(CEO)は文書で、「グルー プは計画通りの業績を上げており、戦略的に優先順位の特に高いモバ イルデータ通信や現金強化の面で力強い進展を見せた」と説明。「10 億ポンド(約1500億円)規模のコスト削減計画は1年前倒しで実現 する見通しだが、12年までにさらに10億ポンドを節減するために計 画を延長する」と語った。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE