「緩和的な」金融政策に期限を設けていない-中国人民銀の馬副総裁

中国人民銀行(中央銀行)の馬徳 倫副総裁は10日、「緩和的な」金融政策に期限は設けていないと表明 した。11日に発表される同国経済指標は景気回復が強まりつつあるこ とを示す可能性が高い。

馬副総裁は、インドのムンバイで記者団に対し、中国が「現段階 で」その政策スタンスを維持すると述べた。

中国政府は10月21日、「適度に緩和的な金融政策」を維持し、成 長の必要性と「インフレ期待」への対処を均衡させることを表明。同 副総裁は、政策決定者らは物価上昇予想に留意しており、「市場調節の ためのあらゆる措置」を使う可能性があると述べた。

中国政府は11日に、10月の経済指標の大半を発表する。ブルー ムバーグ・ニュースが実施したエコノミスト30人を対象にした調査に よると、工業生産は前年同月比15.5%増が予想されている。また輸出 の前年同月比での減少幅は今年に入って最も小さくなる見込み。

馬副総裁はまた、人民元については「上昇を求める外部の圧力は 大きくない」と、周小川総裁と同様の発言をした。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE