スポーツする男の子にけんか傾向、女の子は落ち込まない-男女で明暗

団体競技のスポーツをする10代 の男の子では大量の飲酒とけんかをする傾向が強まる。一方、女の子 はけんかやうつに陥る可能性が低くなり喫煙も減る。9日に発表され た研究から分かった。

研究結果はアメリカン・パブリック・ヘルス・アソシエーション (APHA)の年次総会で発表された。APHAのリリースによると、 団体競技は男の子にも、うつと喫煙を減らす効果はあった。

論文の筆者でユニバーシティ・ホスピタルズのレインボー・ベビ ーズ・アンド・チルドレンズ・ホスピタルのインジャリー・プリベン ション・センターに所属するスーザン・M・コナー氏は発表資料で「団 体競技への参加は保護とリスク拡大の両方に連関しているようだ」と し、「健康的な生活習慣の好影響は普遍的ではなく、性差もあることが 分かった」と解説した。

研究では米国の高校生1万3000人を対象に団体競技とリスク行 動の関連性を調査した。少年の約60%、少女の48%が過去1年の間 に団体競技に参加していた。

団体競技をする少年では過度の飲酒を経験した率が40%高く、け んかの頻度も30%高かった。うつと喫煙の率はそれぞれ30%と20% 低かった。

一方、少女では団体競技と飲酒の関連は認められなかった。けん かの頻度は10%低くうつは30%、喫煙は50%低かった。不健康な体 重減少の例もスポーツをしない少女たちに比べ10%少なかった。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE