米クレジットカードのアドバンタが破産申請、銀行部門は当局管理も

中小企業向けクレジットカード会 社の米アドバンタが連邦破産法の適用を申請した。銀行部門は資本不 足で当局の管理下に置かれる可能性があるとしている。

8日の発表によると、同社は手元の現金相当資産が約1億ドル(約 90億円)あるが、支払い請求に応じるには不十分なため、連邦破産法 11条に基づく会社更生手続きの適用を申請した。

アドバンタによれば、傘下銀行部門は破産申請の対象とはなって いないが、米連邦預金保険公社(FDIC)の管理下に置かれる可能 性がある。銀行部門の資本は監督当局が求める最低水準を下回ってい るという。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE