英バーバリー、リシュモンやLVMHの買収標的になる公算も

証券会社MFグローバルによると、 高級ブランドで英最大手のバーバリー・グループは、スイスのフィナ ンシエール・リシュモンや仏LVMHモエ・ヘネシー・ルイ・ヴィト ンを含む同業者の買収標的になる可能性がある。

MFグローバルのアナリスト、ジョン・ガイ氏は9日付リポート で、バーバリーは買収される「主な標的」だとし、高級革製品で米大 手のコーチや高級ブランド「グッチ」を傘下に置く仏PPRも、バー バリーに関心を寄せる可能性があると指摘した。

資金が潤沢な大手高級ブランドは世界的な需要低迷を補うため、 ブランドが1つだけの同業者の買収を試みるとMFグローバルは予測。 ユーロ高も海外の収益の重しとなり、買収を通じた成長を模索せざる を得なくなるとしている。LVMHとリシュモンはともに、売上高の 半分以上を欧州以外で稼ぐ。

ガイ氏はリポートで、高級ブランド業界の「2010年と11年は業 界再編がキーワードになると予想される」とし、「バーバリーは、規模 が妥当で、株式を保有する一族がおらず毒薬条項を伴わない唯一の完 全に自由な高級ブランド企業という点でユニークだ」と指摘した。

バーバリーとPPR、LVMHはすべてコメントを控えた。リシ ュモンは取材の申し込みに対し、今のところ返答してきていない。コ ーチの広報担当アンドレア・ショー・レスニック氏は「観測にはコメ ントしないが、買収には現時点で関心がないとの立場を常に表明して いる」と述べた。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE