低脂肪ダイエットの方が低炭水化物療法より「怒り」を抑制-研究

炭水化物を多く取りながら脂肪を 押さえた食事療法を行った人は、アトキンスダイエットのような低炭 水化物・高脂肪ダイエットを行う人よりも長期間にわたって気分が改 善したことが、研究結果で明らかになった。

医学誌アーカイブス・オブ・インターナル・メディシンに10日掲 載された同研究によると、オーストラリアの太り過ぎか肥満の人106 人を対象にした調査では、パンやパスタ、コメなどを多く摂取する低 脂肪ダイエットを行った人の方が、低炭水化物・高脂肪ダイエットを 行った人よりも1年後の怒りや抑うつ、混乱などの症状が緩和されて いた。どちらの方法も減量効果は同じだったという。

米疾病対策センター(CDC)によると、米国では成人の3分の 1に相当する7200万人強が肥満。豪州の連邦科学産業研究機構(CS IRO)の研究者らが実施した今回の調査結果は、ダイエット方法の 違いで気分に変化は見られなかったことを示したこれまでの比較的小 規模の研究結果と相反する。

グラント・ブリンクワース氏ら研究者は「低炭水化物ダイエット は1年の期間を経て、減量効果を打ち消すような気分に有害な影響を もたらした可能性を今回の結果は示唆している」と分析した。違いが 出た理由として、炭水化物を除去したダイエット方法は欧米の食事習 慣には劇的な変化であり、被験者が禁断症状を起こした可能性が考え られると指摘。ただこの仮説を立証するには研究がさらに必要だとし た。

いずれの食事療法もエネルギー量は同じだが、高炭水化物・低脂 肪ダイエットは低炭水化物・高脂肪ダイエットに比べて炭水化物を10 倍に増やし、脂肪を半分にしタンパク質を抑えている。被験者は平均 で13.7キロ減量したが、ダイエット方法によって著しい差異は見られ なかった。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE