ソフバンクも来春「グーグル携帯」投入、無線LANで8機種

国内携帯電話同3位ソフトバンクモ バイルは10日、米グーグルの無償OS(基本ソフト)「アンドロイド」 を搭載した端末を来年春に投入すると発表した。スマートフォンとして は現在、米アップルの「iPhone(アイフォーン)」を代行販売し ているが、国内最大手NTTドコモ に追随する形でグーグル携帯を投 入する。

グーグル携帯も含め、無線LAN(域内通信網)対応の8機種を11 月中旬から一気に投入。合わせて携帯向けに映画や雑誌、新聞などのコ ンテンツを無線LANの大容量を生かして配信する専用のサービスを開 始し、データ通信収入の増加を図る。来春までに投入する端末は計22 機種。

孫正義ソフトバンク社長は10日の発表会で「スマートフォンの王 者は世界的に見てもアイフォーン」と強調。グーグル携帯投入は多様な 市場開拓拡大のためだと説明した。携帯向け無線LANサービスに関し てはコンテンツを「最適のサイズとレイアウト」で提供すると語った。

発表資料によると新規投入するグーグル携帯は、3.7インチの有機 EL画面と、1ギガのCPU(中央演算処理装置)を搭載。ただ、孫社 長は供給元について「相手も世界で発表していない新機種」であること から、メーカー名などの言及を避けた。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE