NY原油時間外:下落に転じる-熱帯暴風雨アイダの勢力弱まる

ニューヨークの原油先物相場は 10日の時間外取引で下落に転じた。熱帯暴風雨「アイダ」がメキシコ 湾に進行後、勢力を弱めたことからこれ以上の生産の中断はないとの 見方が出た。

ニューヨーク商業取引所(NYMEX)の原油先物12月限は一 時、53セント(0.7%)安の1バレル=78.90ドルを付けた。シンガ ポール時間午前11時19分(日本時間午後零時19分)現在、78.97 ドルで取引されている。前日の通常取引は2ドル(2.6%)高の79.43 ドルで引けた。年初来の上昇率は77%。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE