【中国・注目株】上海汽車、中国石油化工、民生銀行、保利房地産

中国株式市場での主な注目銘柄は 以下の通り。株価は11月9日終値。上海総合指数は前日比11.55ポイ ント(0.4%)高の3175.59。CSI300指数は0.4%高の3495.79。

自動車株:中国汽車工業協会(CAAM)が9日発表した10月の 中国乗用車販売は前年同月比76%増の94万6400台となった。1-10 月は同45.2%増の819万台。中国最大の自動車メーカー、上海汽車集 団(600104 CH)は0.7%高の24.92元。同社の10月の販売は同90% 増の24万300台で、1-10月の販売は219万台に達した。一汽轎車 (000800 CH)は2.5%高の21.97元。

製油会社株:中国の国家発展改革委員会(発改委)は9日、ガソ リンとディーゼル油、ジェット燃料の価格を最大8%引き上げると発 表した。値上げは約2カ月ぶり。中国石油化工(Sinopec、600028 CH)は0.1%安の12.16元。ペトロチャイナ(601857 CH)は0.7%安 の13.67元。

中国民生銀行(600016 CH):中国初の民間銀行、中国民生銀行は、 米UCBHホールディングスへの出資に関連して8億2400万元の損 失を計上する見通しを明らかにした。香港紙、信報が情報源を明かさ ずに報じたところによると、資産家ジョージ・ソロス氏は、民生銀行 の香港での新規株式公開(IPO)で最大1億ドルを投資する可能性 がある。0.3%安の8.11元。

保利房地産集団(600048 CH):中国の不動産開発会社で時価総額 2位の保利房地産集団は、今年1-10月の不動産販売が前年同期比 155%増の369億元に達したと発表した。0.9%安の26.26元。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE