米大統領:中国首脳との会談では為替問題議題に-ロイター

オバマ米大統領は9日、来週北京 で中国の胡錦濤国家主席と温家宝首相と会談する際に、為替問題を取 り上げることを明らかにした。

オバマ大統領は同日のロイター通信とのインタビューで、「為替 は他の多くの問題とともに議題になるだろう。貿易を促進し、経済成 長の継続を可能にする、米国と中国の双方に恩恵を与える広範な政策 で両国が合意できると確信している」と語った。

オバマ大統領は、就任後初のアジア歴訪に向け12日に米国を出 発。日本、シンガポール、中国、韓国を訪問する。

大統領はインタビューで、米国と中国は経済の再均衡という共通 の目標を持つと述べるとともに、中国による約7970億ドル(約71 兆7000億円)の米国債保有についても言及した。大統領は「中国が 保有している米ドル資産の規模は巨額で、われわれの成功は中国にと って重要だ」とし、「逆に言えば、こうした問題の一部を解決できな ければ、経済・政治の両面で両国の関係に大きな緊張をもたらすだろ う」と述べた。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE