【個別銘柄】イオン、NTT、明和地、ヤクルト、セ硝子、Fリテイリ

更新日時

材料銘柄の終値は以下の通り。

イオン(8267):前日比5%安の736円。転換社債型新株予約権付 社債(CB)2本を計1000億円発行する、と10日に発表した。780億 円をコマーシャル・ペーパー(CP)の償還資金に、残額を借入金返済 資金に充当する予定。またJPモルガン証券は11日、同社株を「中 立」から「アンダーウエート」に格下げした。

NTT(9432):4.5%高の3750円。ゴールドマン・サックス証券 が10日付で、「買い」の投資判断を強調。09年度中に金庫株の消却、 政府保有株買い取りと自社株買い実施、増益基調への回復の道筋が見え ることを、強気判断の理由に挙げる。GS証が投資判断を「中立」から 「買い」に引き上げたNTTドコモ(9437)も1.4%高の13万円。

明和地所(8869):午後に急落し、14%安の487円と東証1部の値 下がり率トップ。10年3月期の連結純利益は6億円と、従来予想から 3億円下振れる見通しになった、と午後2時に発表。在庫物件の販売に 遅れが出ているほか、販売コストの増加も響く。

日本航空(9205):4.8%高の110円。政府は10日、日航の経営再 建に向けた支援策で、日本政策投資銀行が当面つなぎ融資を実施すると 発表。政府主導による再建進展を見込んだ買いが優勢となった。一方、 11日付の日本経済新聞朝刊は、日航の4-9月期の営業損益が900億 円台の赤字(前年同期302億円の黒字)となったもようと報じた。旅客 減少や旅客単価の下落が響いたという。

ファーストリテイリング(9983):1.4%高の1万6920円と連日で 上場来高値を更新し、時価総額が1兆7948億円と、国内小売り最大手 のセブン&アイ・ホールディングス(3382)の1兆7658億円を上回っ た。手ごろな価格で機能性の高い衣料品を次々と投入し、国内個人消費 が不振のなか、販売を大きく伸ばしている。

日本信号(6741):8.3%高の835円。国内や中国などの受注獲得 により、上半期(4-9月)の受注額は前年同期比マイナス予想が一転 増加に転じた。世界的な鉄道需要の高まりから、中期的な業績改善が期 待された。

太平洋セメント(5233):5.6%高の113円。10年3月期の連結最 終損益予想を45億円の赤字に下方修正した。従来予想は85億円の黒字 で、前年同期は354億円の赤字だった。国内や米国でセメント販売数量 が想定以上に減ったことなどが要因。しかし収益悪化は反映済みとされ、 前期BPS(1株当たり純資産)196円を大きく下回る現状の株価水準 を見直す買いが先行した。

ドワンゴ(3715):6.9%安の17万6400円と急反落。09年9月期 の連結最終損益が8億2800万円の赤字(前の期は23億円の赤字)にな ったもよう、と10日に発表。従来予想は2億8000万円の黒字。動画共 有サービス「ニコニコ動画」の事業投資に対する今後の回収可能性を慎 重に検討した結果、減損損失を計上するため。

KYB(7242):7.8%高の291円。四輪向け油圧製品の持ち直し を受け、10年3月期の連結営業赤字は10億円と、従来予想から70億 円縮小する見通しになったと発表した。前期実績は4900万円の黒字。

セントラル硝子(4044):14%高の403円。ドイツ証券が10日付 で、投資判断を「ホールド」から「買い」に、目標株価を390円から 520円に引き上げた。

王将フードサービス(9936):5.6%高の2625円。10月の既存店 売上高が前年同月比25%増だったと、この日午前11時に発表した。プ ラスは27カ月連続。

大明(1943):5.5%安の711円。モバイル関連の工事に遅れが発 生しており、上期(4-9月)の連結業績が減収減益となった。収益悪 化を嫌気した売りで710円まで下げ、2月4日に付けた年初来安値 (728円)を更新した。

東京電力(9501):2.2%高の2140円。富津火力発電所(千葉県富 津市)の4号系列第2軸の営業運転を始めたと、10日に発表。現在運 転中の発電設備では世界最高水準となる59%の熱効率を実現、従来型 の液化天然ガス火力と比べ、約4割熱効率が向上し、燃料使用量と二酸 化炭素排出量を約25%抑制するという。

日本風力開発(2766):9%安の29万7500円。公募増資などで最 大75億円を調達すると発表した。設備投資と子会社への投融資資金な どに充当予定。株数増加に伴う1株価値の希薄化や株式需給悪化を懸念 した売りが膨らんだ。

日機装(6376):11%安の577円。新株式発行や自己株処分などで 総額107億円を調達する。調達資金は借入金の返済に充当予定。発行済 み株数の増加による1株利益希薄化などが嫌気された。

コジマ(7513):14%高の517円。10年3月期の連結純利益予想 を35億円に上方修正した。従来予想は17億円、前期実績は127億円の 赤字だった。エコポイント制度を追い風に薄型テレビの販売が好調に推 移、事業効率化と経費削減も寄与する。

ランドビジネス(8944):ストップ安(値幅制限の下限)となる 3000円(12%)安の2万1390円。物件稼働率の低下や賃料相場の弱含 みが響き、10年9月期の単独営業利益は前期比69%減の11億円になる 見通しと、10日に発表。09年9月期の単独営業益は前の期比6.8%減 の37億円だった。

バンテック(9382):9.1%安の11万3600円。国内外で物流事業 が低迷し、4-9月期の連結純利益は前年同期比63%減の7億5800万 円となった。

ヤクルト本社(2267):5.8%高の2555円。主力の乳酸菌飲料事業 が中国やブラジルなどの新興国で伸び、今期(10年3月期)は3期ぶ りの営業増益に転じる見通しとなった。野村証券が投資判断を「ウエー ト下げ」から「中立」に引き上げたことも、上昇につながった。

ダイキン工業(6367):2.5%高の3250円。4-9月の連結営業利 益が従来計画を上回り、過度な業績警戒が後退した。10年3月期の純 利益予想は前期比36%減の140億円に上方修正した。従来予想は120 億円。国内や欧州で空調機器の販売は苦戦するが、固定費の削減などで 補う。

ソラン(9750):ストップ高となる80円(18%)高の535円で比 例配分。ITホールディングス(3626)が10日、ソランを完全子会社 化するために公開買い付け(TOB)を実施すると発表した。買付価格 は1株790円で、買付代金は206億円。TOB価格にさや寄せする格好 で買いを集めた。ITHD株も8.5%高の1173円と急伸。

大平洋金属(5541):5.5%安の641円。4-9月期の連結純利益 は前年同期比72%減の30億円だった。中国などアジア向けに主力のフ ェロニッケル販売が伸びたが、前年同期に比べ販価が大幅に下落したこ とが響いた。

近鉄エクスプレス(9375):6.9%高の2325円。10年3月期の連結純 利益は前期比29%増の45億円と、従来予想を7億円上回る見通しにな った。日本発の航空貨物取扱い物量が想定以上の水準で推移しているほ か、全社的な合理化策による費用削減効果も進んでいる。

パイオニア(6773):8.8%高の272円。メリルリンチ日本証券が 10日付で、投資判断を「アンダーパフォーム」から「買い」に、目標 株価を200円から350円に引き上げた。

日本精工(6471):2.1%高の594円。野村証券が10日付で、投資 判断を「2(中立)」から「1(買い)」に、目標株価を610円から 720円に引き上げた。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE