【香港・注目株】ハチソン・テレコム、中国石油化工、中国聯通

香港株式市場での主な注目銘柄は 以下の通り。株価は9日の取引終値。ハンセン指数は前週末比1.7% 高の22207.55。ハンセン中国企業株(H株)指数は2.3%高の13318.48。

中国の通信会社株:モルガン・スタンレーはチャイナ・ユニコム (中国聯通、762 HK)の投資判断を「イコールウエート」から「オー バーウエート」に引き上げた一方、チャイナ・モバイル(中国移動、 941 HK)とチャイナ・テレコム(中国電信、728 HK)の投資判断を「オ ーバーウエート」から「イコールウエート」に引き下げた。

中国携帯電話サービス2位のチャイナ・ユニコムは0.9%高の

10.86香港ドル。同1位のチャイナ・モバイルは0.7%安の73.35香港 ドル。中国固定電話最大手チャイナ・テレコムは1.4%高の3.56香港 ドル。

製油会社株:中国の国家発展改革委員会(発改委)は9日、ガソ リンとディーゼル油、ジェット燃料の価格を最大8%引き上げると発 表した。値上げは約2カ月ぶり。中国石油化工(Sinopec、386 HK)は変わらずの6.82香港ドル。ペトロチャイナ(857 HK)は2%高 の10.04香港ドル。

中国鉄建(1186 HK):中国の鉄道網の半分以上を建設している中 国鉄建は、2件で合計59億6000万元の契約を受注したと発表した。 変わらずの10.84香港ドル。

ハチソン・テレコミュニケーションズ・インターナショナル(2332 HK)は、7-9月(第3四半期)の加入者総数が15%増加し990万人 に達したと発表した。変わらずの1.57香港ドル。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE