プロミス:賃金不況で人員3割超削減へ、不採算事業売却も-産経

10日付の産経新聞は、プロミスが 現在2769人いる社員を3割超削減し、中長期的に2000人以下の体制に する方向で検討していると報じた。自動車関連サービスなどグループの 不採算事業も売却を含めた見直しを年度内に行うとしている。久保健社 長が9日、インタビューで明らかにしたという。

同紙によると、プロミスは策定中の事業構造改革案を1月までに公 表する予定で、人員削減は店舗網の縮小と同時に進め、2-3年をメド に順次減らす方針。構造改革案に盛り込む希望退職者は300-500人程 度になる可能性もあるという。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE