米JPモルガン:昇給凍結を解除、年金拠出再開-特別手当支給も

預金額で米2位の銀行、JPモル ガン・チェースは年収が6万ドル(約540万円)を上回る行員に対す る昇給凍結を解除した。確定拠出型年金(401k)の従業員拠出額へ の雇用者同額上乗せ拠出制度(マッチング)も再開し、年収6万ドル を下回る行員に対しては500ドルの「特別手当」を支給する計画だ。

人事担当ディレクターのジョン・ドネリー氏が9日、行員に配布 した内部文書によれば、同行は年末の勤務査定プロセスの一環として、 昨年導入の凍結措置を廃止する方針で、「昇給は来年の早い時期に実施 される」という。同文書のコピーをブルームバーグ・ニュースが入手 した。

JPモルガンは今年6月、250億ドルの公的資金を返済し、依然 として返済が終わっていないシティグループやバンク・オブ・アメリ カ(BOA)などのように報酬制限を受けていない。オバマ政権の報 酬特別監督官、ケネス・ファインバーグ氏は「異例の」政府支援を受 けた米企業に報酬削減を命じている。

ニューヨーク在勤の広報担当者、タシャ・ペリオ氏はコメントを 控えた。今回の変更について、米紙ニューヨーク・タイムズ(NYT) が先に報じていた。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE