シュタルク理事:ECBは市中銀への緊急融資で早期の段階的縮小必要

欧州中央銀行(ECB)のシュタ ルク理事は9日、金融機関がECBの緊急融資措置に依存する体質に 陥らないように、同中銀はこの措置について可能な限り早く段階的に 縮小することが必要との見解を示した。

シュタルク理事はドイツ・テュービンゲンでの講演で、「われわ れは、市中銀行がECBによる相当規模の流動性支援に依存するのを 助長することで、誤った動機付けをするのを避けるべきだ」と指摘。 「このため金融市場の情勢が許すようになり次第、拡大した信用支援 を段階的に縮小し始めることが必要だ」と説明した。

同理事は「われわれの流動性措置のすべてがこれまでと同じ規模 である必要はないとあらためて強調したい」とした上で、「われわれ には、必要が生じたら迅速かつ時宜にかなったやり方で行動する能 力」と、「経済活動と金融市場の安定化の監視を続ける能力がある」 と述べた。

同理事はまた、「現段階で」インフレリスクが存在しないことを 考えるとこにら、ECBの「緩和的」政策スタンスは「適切」だと評 価した。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE