米国株:上昇、G20景気対策継続を好感-ダウ2%高

米株式相場は上昇。世界的な株 高の流れを引き継いだ。週末に開催された20カ国・地域(G20) 財務相・中央銀行総裁会議で、各国政府が景気刺激策の維持で合意 したことが手掛かり。

アメリカン・エキスプレスやバンク・オブ・アメリカ、キャタ ピラーが大きく上昇。ダウ工業株30種平均は13カ月ぶり高値を付 けた。産銅会社のフリーポート・マクモラン・カッパー・アンド・ ゴールドは4.6%上げた。この日はアジアと欧州の株価も上昇した。

S&P500種株価指数は前週末比2.2%高の1093.08と、6 営業日続伸。ダウ工業株30種平均は203.52ドル(2%)上昇の

10226.94ドル。

ジョンソン・イリントン(ニューヨーク州オールバニー)で16 億ドル余りの資産運用に携わるヒュー・ジョンソン会長は「これは 紛れもない強気相場の材料だ」とし、「財政刺激策を引き揚げようと している国はどこにもない。これは世界経済にとっては良いことで、 インフレにとってはさほど良いニュースではない。世界中で株価が 上昇しているのはそのためだ」と指摘した。

過去8カ月、ドルの下落基調が続く中、国外収入への依存度の高 い米企業の株価上昇率は国内収入への依存度の高い企業を上回ってい る。ゴールドマン・サックス・グループがまとめた指数によると、S &P500種構成銘柄のうち海外売り上げ比率が最も高い50社の株 価は、S&P500種が12年ぶり安値を付けた3月9日以降、76% 上昇した。

多国籍企業とドル

一方で主要6通貨に対するドル指数は同日以降、16%低下。ゴ ールドマンの同指数によれば、S&P500種構成企業で米国外での 収入がほとんど、あるいは全くない企業の株価については3月9日以 降、55%の上昇となっている。

発電用タービン製造で世界最大手のGEは3.4%高の15.85 ドル。ブルドーザー生産で最大手のキャタピラーは4.2%上昇し60 ドル。半導体メモリー最大手のインテルは2.8%上げて19.46ド ル。3社はそれぞれ売上高の半分以上を国外が占める。

事情に詳しい関係者3人が明らかにしたところによれば、ケーブ ルテレビ運営大手コムキャストとGEは、GE傘下のメディア部門、 NBCユニバーサルについて、評価額を約300億ドルとすることで 合意した。これも手掛かりとなり、GEは買い進まれた。

G20での合意

ダーリング英財務相が議長を務めたG20財務相・中央銀行総裁 会議では、景気回復が定着するまで低金利と過去最大規模の財政支出 を維持することで合意した。

金融株指数は3.6%高と、S&P500種を構成する10業種の 中で最も上げた。バンク・オブ・アメリカは4.8%高の15.77ド ル。モルガン・スタンレーは4.1%上昇し33.95ドル。

ゴールドマン・サックス・グループは2.8%上昇し176.57ド ル。同社は、オハイオ州の不動産会社が保有するショッピングセンタ ーを裏付けとした証券4億ドル相当を引き受ける。米金融当局の商業 用不動産市場下支え策を活用する初のケースとなる。

鉱業株買われる

素材株指数は3.2%高と、S&P500種を構成する10業種の 中で2番目に高い上昇率となった。

上場する産銅会社としては世界最大のフリーポート・マクモラ ン・カッパー・アンド・ゴールドは4.6%高の83.20ドル。銅相 場が3営業日ぶりに反発したことが材料視された。

バリック・ゴールドは3.3%高の43ドル。産金で米最大手の ニューモント・マイニングは3.1%上昇し50.56ドル。ニューヨ ーク金先物相場は一時、1オンス=1111.70ドルを付け、過去最高 値を更新した。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE