11月9日の欧州マーケットサマリー:株が大幅高、国債も上昇

欧州の為替・株式・債券・商品 相場は次の通り。(表はロンドン午後6時現在)

為替 スポット価格 前営業日 ユーロ/ドル 1.4999 1.4847 ドル/円 89.96 89.88 ユーロ/円 134.92 133.44

株 終値 前営業日比 変化率 ダウ欧州株600 245.74 +4.68 +1.9% 英FT100 5,235.18 +92.46 +1.8% 独DAX 5,619.72 +131.47 +2.4% 仏CAC40 3,785.49 +78.20 +2.1%

債券 直近利回り 前営業日比 独国債2年物 1.24% -.03 独国債10年物 3.32% -.05 英国債10年物 3.84% -.05

商品 直近値 前営業日比 変化率 金 現物午後値決め 1,106.75 +10.00 +.90% 原油 北海ブレント 78.28 +2.41 +3.18%

◎欧州株式市場

欧州株式相場は3週間余りで最大の上げとなった。前週末の20 カ国・地域(G20)財務相・中央銀行総裁会議で当局者が景気刺激策 の継続で合意したのに加え、ドイツの保険大手アリアンツの7-9月 (第3四半期)利益がアナリスト予想を上回ったことが好感された。

アリアンツは4.3%高と、6カ月ぶりの大幅上昇。同社の7-9 月期利益は前年同期から2倍以上膨らんだ。オーストラリアの鉱山会 社、BHPビリトンを中心に資源株が上昇。ドル下落で金属相場が上 昇したことが買いにつながった。ドイツの自動車部品メーカー、コン チネンタルは5.2%上昇。シティグループが同銘柄を買い推奨したこ とが好感された。

ダウ欧州600指数は前週末比1.9%高の245.74と、先月14 日以降で最大の値上がり。各国政府の刺激策と過去最低水準の金利が リセッション(景気後退)からの脱却に奏功しているとの見方を背景 に、同指数は3月9日の水準からは56%上げている。

カムジェスション(パリ)のファンドマネジャー、ブルーノ・ デュクロ氏は「景気拡大を支えるものは何でも支援要因だ」と述べ、 刺激策は「要となる要素で、個人消費が回復し始めるまで必要なつな ぎだ。景気を後退させないために必要だ」と付け加えた。

9日の西欧市場では、アイスランドとギリシャを除く16カ国で 主要株価指数が上昇。ダウ・ユーロ50種指数は前週末比2.4%高、 ダウ・欧州50種指数は同2%上げた。

◎欧州債券市場

欧州債市場ではドイツ国債相場が上昇。世界の景気回復がまだ定 着していないことを考慮した場合、前週の下げは正当化できないとの 見方から、買いが優勢となった。

独10年債利回りは先週、9月23日以来の高水準まで1ベーシ スポイント(bp、1bp=0.01%)に近づいた。9日発表された 9月のドイツ鉱工業生産と輸出はともに予想を上回ったものの、国債 相場には影響しなかった。

先週の10年債利回りは週間ベースで13bp上昇と、9月18日 終了週以降で最大の上げとなった。欧州中央銀行(ECB)のトリシ ェ総裁が緊急流動性プログラムの一部を引き揚げる方針を示したこと が材料視された。

ANZバンキング・グループのシニア金利ストラテジスト、ル カ・ジェリネク氏(ロンドン在勤)は「欧州の一部で力強い輸出が得 られたとしても、依然として数多くの問題が存在する」と述べた。さ らに、前週の相場下落については、ECBが1年物資金入札を恒久的 に継続しないとの方針を示したことが原因だと指摘した。

ロンドン時間午後4時45分現在、10年債利回りは前週末比5 bp低下し3.32%。一時は3.38%まで上昇する場面もあった。同 国債(表面利率3.5%、2019年7月償還)価格は0.39ポイント上 げ101.49。同2年債利回りは1.24%と、前週末から3bp低下し た。10年債と2年債のスプレッドは1bp縮小し208bpとなった。

◎英国債市場

英国債相場は上昇。この日はイングランド銀行が17億ポンドの 資産を買い取った。

10年債利回りは前営業日比5ベーシスポイント(bp、1bp =0.01%)低下し、3.83%。前営業日まで、同利回りは5営業日連 続で上昇していた。2年債利回りは0.75%と、前営業日から7bp 低下した。

クレディ・スイス・グループの債券ストラテジスト、カーステ ン・リノウスキー氏(チューリヒ在勤)は「英中銀の金融政策委員 会(MPC)後、国債利回りには本当に強い上昇圧力がかかった」 と指摘。10年債利回りが3.90%に接近すれば、同国債への投資妙 味は一段と高まる、と語った。

2010年6月限の金利先物の利回りは1.17%と、利上げ観測の 後退を反映して4bp低下した。

ニューヨーク・ニューズルーム   1-212- 617-3007

参考画面: 記事に関する記者への問い合わせ先: ニューヨーク 名子 知子 Tomoko Nago-Kern +1-212-617-2407 tnagokern@bloomberg.net Editor: Yoshito Okubo 記事に関するエディターへの問い合わせ先: 東京 大久保 義人 Yoshito Okubo +81-3-3201-3651 okubo1@bloomberg.net

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE