NEC:半導体会社統合の増資引き受け、63億円増-エレク業績不振で

システムLSI(高密度集積回路) メーカー国内3位NECエレクトロニクスと同2位で非上場のルネサス テクノロジの統合新会社へのNECの支援が従来から63億円増える。9 月の統合契約後にNECエレの業績悪化が明確になったことから、NE Cが増資引き受けを増やす。

3社にルネサス設立母体である日立製作所と三菱電機を加えた5社 が9日、共同発表した。支援総額は2063億円となり、社別ではNECが 563億円に増えた一方、日立825億円、三菱電675億円は変わらない。 3社の出資構成はNECが間接保有を含めて35%、日立31%、三菱電 25%で変更なし。統合は来年4月を予定している。

5社は9月に統合合意を発表した際、NECエレの業績次第では支 援額が調整される可能性があるとしていた。

NECエレは10月28日にゲーム機向け高付加価値LSIの不振な どを理由に、今期(2010年3月期)連結純損失予想を、従来予想90億 円の6倍強となる550億円に大幅下方修正。7-9月期の純損失も174 億円と前年同期の29倍に拡大していた。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE