中国の銀行7行の格付け見通しをポジティブに引き上げ-ムーディーズ

米格付け会社ムーディーズ・イン ベスターズ・サービスは9日、時価総額で世界最大の銀行、中国工商 銀行(ICBC)など中国の銀行7行の格付け見通し(アウトルック) を引き上げたことを明らかにした。

発表資料によれば、ムーディーズは中国の国有銀大手4行と政策 銀3行について、現在「A1」としている長期預金および無担保優先 債、発行体の格付け見通しを「ステーブル(安定的)」から「ポジティ ブ(強含み)」に引き上げた。対象となった国有銀4行はICBCのほ か、中国建設銀行と中国銀行、中国農業銀行。政策銀3行は中国国家 開発銀行と中国輸出入銀行、中国農業発展銀行。

ムーディーズのバイスプレジデント兼シニアアナリスト、イボン ヌ・チャン氏は資料で、国有銀4行の見通し修正について、「システミ ック上の重要性から政府が強力にてこ入れしているとのムーディーズ の認識を反映している」と指摘。政策銀3行については、今後も引き 続き政府からの十分な支援を享受するとみていると説明した。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE