独プーマ:7-9月期は24%減益-商品の値引きが響く

欧州2位のスポーツ用品メーカー、 ドイツのプーマが9日発表した2009年7-9月(第3四半期)決算は、 前年同期比24%減益となった。リセッション(景気後退)の間に積み 上がった在庫を一掃するための値引きが響いた。

発表資料によれば、純利益は6800万ユーロ(1株当たり4.5ユー ロ)と、前年同期の8900万ユーロ(同5.81ユーロ)から減少した。 ブルームバーグがまとめたアナリスト6人の予想中央値の7000万ユ ーロに届かなかった。

営業利益率は14.5%と、前年同期の17.5%から低下。同社の総売 上高のほぼ5分の3を稼ぎ出すシューズの売り上げは13.1%減少し た。また、サッカーのイタリア代表チームのユニホームのレプリカな どの衣料品の売り上げは3%減少した。

ヨッヘン・ツァイツ最高経営責任者(CEO)は発表資料で、同 社が10-12月(第4四半期)は「黒字を計上する」との予想を示し、 サッカーのワールドカップ(W杯)の開催を来年に控えて「事業環境 の改善」を期待していると指摘した。同社は09年通期の見通しは明ら かにしておらず、7-12月(下期)は売上高が減少すると述べるにと どめている。

-- Editors: Paul Jarvis, Keith Campbell

--* 参考画面: 翻訳記事に関する翻訳者への問い合わせ先: 東京 若林 有紀 Yuki Wakabayashi +81-3-3201-2263 Ywakabayash1@bloomberg.net Editor:Masami Kakuta 東京 角田正美 Masami Kakuta +81-3-3201-3157 mkakuta@bloomberg.net 記事についての記者への問い合わせ先: Holger Elfes in Dusseldorf at +49-69-92041-395 or helfes@bloomberg.net 記事についてのエディターへの問い合わせ先: Keith Campbell at +44-20-7073-3829 or k.campbell@bloomberg.net

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE