マドフ受刑因と妻の私物100点余り、14日に競売へ-連邦保安官局

米司法省傘下の連邦保安官局(U SMS)は、巨額詐欺事件のバーナード・マドフ受刑囚と妻のルース から押収した私物100点余りを競売にかけると発表した。

発表によると、競売はガストン・アンド・シーハン・オークショ ニアーズが今月14日午前10時から、シェラトン・ニューヨーク・ホ テ ル・アンド・タワーズを会場にして行う。出品される私物には、宝 石や毛皮などが含まれる。

オークション・プレビューは同ホテルで前日の午前11時から午後 4時に開かれる。約500点の没収品も競売にかけられるという。

これとは別に、マドフ受刑囚がかつて保有した船舶3隻や、同受 刑因の投資顧問会社で最高財務責任者(CFO)を務めていたフラン ク・ディパスカリ被告の船舶1隻、マドフ夫妻が所有していた「メル セデス・ベンツ」の高級車1台も、今月17日にフロリダ州で競売にか けられる。これらは16日に展示公開される。

--* 参考画面: 翻訳記事に関する翻訳者への問い合わせ先: 東京 若林 有紀 Yuki Wakabayashi +81-3-3201-2263 Ywakabayash1@bloomberg.net   Editor:Masashi Hinoki 記事に関するエディターへの問い合わせ先: James Kraus at +44-020-3216-4827 or jkraus2@bloomberg.net

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE