中国の格付け見通し、「ポジティブ」に上げ-ムーディーズ

米格付け会社ムーディーズ・イン ベスターズ・サービスは9日、中国の格付け見通しを「ステーブル(安 定的)」から「ポジティブ(強含み)」に引き上げた。中国政府は世界 的な金融危機から同国を導き出すことに成功したとしている。

ムーディーズが電子メールで送付した資料によれば、中国の格付 け見通しの引き上げは、現在「A1」としている同国の外貨建ておよ び自国通貨建て債務格付けに影響を与える。同社はまた、香港の格付 け見通しも「ステーブル」から「ポジティブ」に上方修正した。

同社のシニアバイスプレジデント、トーマス・バーン氏は「国際 投資における中国の地位は極めて強固で、世界的な金融危機の悪影響 から守っただけでなく、国際収支の危機に今後直面するであろうリス クを無視できるほどの水準まで低下させた」と語った。

中国の景気回復が海外の資金を一段と呼び込む中、同国の外貨準 備高は9月末時点で2兆2730億ドルに増加した。

参考画面: 翻訳記事に関する翻訳者への問い合わせ先: 東京 関根裕之 Hiroyuki Sekine +81-3-3201-7850 hsekine@bloomberg.net Editor:Masashi Hinoki、Akiko Kobari 東京 角田正美 Masami Kakuta +81-3-3201-3157 mkakuta@bloomberg.net 記事に関するエディターへの問い合わせ先: Nipa Piboontanasawat at +852-2977-6628 or npiboontanas@bloomberg.net

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE