商品の投資需要:「維持される傾向」、分散投資で-バークレイズ

バークレイズ・キャピタルによる と、金を過去最高値に、銅と原油相場を1年ぶりの高値に押し上げた 商品の投資需要は「維持される傾向」を示している。株式や債券から の投資の多様化が進むためとしている。

バークレイズ・キャピタルは4日のリポートで、商品関連の運用 資産総額が10月に22億ドル(約1990億円)と、「堅調な」増加を示 したと指摘した。米政府の統計によると、米国の商品先物相場の上昇 を見込むヘッジファンドなど投機家の「買い越し」は、2008年7月以 来の高水準に達した。

バークレイズのアナリスト、アムリタ・セン氏(ロンドン在勤) は6日の電子メールで「投資家の商品への関心は今年を通じて強く、 この傾向は続くと予想している。最良の代替資産区分の1つとしての 商品の魅力は損なわれていない」との見方を示した。

セン氏は「商品に関して構造的変化があるとは考えておらず、依 然として人気が非常に高いことは確かだ」とした上で、年末の取引戦 略により投資が鈍化している可能性を指摘。新規投資は「鈍化してい るが、依然堅調だ」としている。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE