平野官房長官:13日に日米首脳会談、両国関係などを包括的に議論

平野博文官房長官は9日午前 の記者会見で、鳩山由紀夫首相とオバマ米大統領との首脳会 談が13日に行われるとの見方を明らかにした。

平野氏によると、オバマ大統領は当初、12日に訪日する予 定だったが、米テキサス州の陸軍基地「フォートフッド」で起きた 銃乱射事件の追悼式典出席のため、1日延期された。平野氏 は「最終確定ではないが、米側の都合で延期になった。首脳会 談は13日中にやられると思っている」と語った。

会談の議題について同氏は、「両国の信頼関係をさらに深 化させる、そういう意味での課題をテーマにやるだろうから、包 括的な会談になる」と指摘。懸案となっている米海兵隊普天間 飛行場(沖縄県宜野湾市)の移設問題を取り上げるかどうかに ついては「触れるかもしれないし、触れないかもしれない」と述 べるにとどめた。

-- Editor: Hitoshi Sugimoto

参考画面: 記事に関する記者への問い合わせ先: 東京 広川高史 Takashi Hirokawa +81-3-3201-8641 thirokawa@bloomberg.net 記事に関するエディターへの問い合わせ先: 東京 大久保 義人 Yoshito Okubo +81-3-3201-3651 okubo1@bloomberg.net 東京 Bill Austin +81-3-3201-8952 billaustin@bloomberg.net

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE