ローランド株1年ぶり安値、電子楽器回復は来期以降-今期営業赤字に

電子楽器やコンピュータ周辺機器 を販売するローランドの株価が前週末比8%安の892円と、昨年10月 29日(854円)以来の安値を付けた。電子楽器事業の回復が緩やかなこ とを理由に、2010年3月期の連結営業損益予想を黒字から赤字に一転 したため、業績回復の遅れを懸念した売りに押された。

新しい連結営業損益予想は17億円の赤字で、従来計画の8億円の黒 字から大きく悪化する。前期実績は74億円の黒字だった。

コンピュータ周辺機器は第2四半期(7―9月)より営業黒字に浮 上、会社側は電子楽器事業も下期に回復するとみていたが、「本格回復 は来期以降になりそうだ」と同社広報IR室の森裕昭室長は語った。同 事業はリーマンショックの影響もあり、北米地域での落ち込みが大きい という。

同社では流通網の整備や家電量販店を中心とした新規物流の開拓、 販売体制の見直しなど抜本的な対策を実施するが、これらの効果が出る のは来期以降としている。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE