インド、G20で最初に刺激策解除に着手か-シン首相が措置縮小を示唆

インドのシン首相は、経済成長 の加速によって財政刺激策の解除が可能になるだろうと表明した。 同国は20カ国・地域(G20)の中でこうした措置の解除に最初に 着手することになりそうだ。

シン首相は8日、世界経済フォーラムがニューデリーで開催し たインド経済サミットで、「国内経済について上向きの明確な兆し が見える」と述べた。「他の国と同様にわれわれも大規模な刺激策 に頼ってきたが、来年はこうした措置の解除に向けて適切な措置を 取ることになる」と説明した。

米国や日本、オーストラリアなどG20の政策当局者はこの週 末、景気回復を後押しするための財政手段の解除は時期尚早との認 識を示しており、シン首相の発言はこうした立場と異なっている。 インフレ率上昇が国民の負担になりかねないとの懸念が広がるな か、インド準備銀行(中央銀行、RBI)は先月、法定流動性比率 (SLR)の引き上げを決め、金融政策の引き締めに乗り出した。

シラム・トランスポート・ファイナンスのアルン・ドゥッガル 会長は「インドの需要は上向いており、来年は刺激策を継続する必 要がなくなるかもしれない」と指摘した。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE