中国の外国銀行の資産内容は健全、自己資本比率は21.14%-銀監会

中国銀行業監督管理委員会(銀監 会)は、中国国内で事業展開する外国銀行の資産内容は健全との見解 を示した。外国銀行全体の自己資本比率は21.14%で、不良債権比率 は1.06%となっている。ウェブサイトに掲載した7日付の文書で明ら かにした。

参考画面: 翻訳記事に関する翻訳者への問い合わせ先: 東京 関根裕之 Hiroyuki Sekine +81-3-3201-7850 hsekine@bloomberg.net Editor:Masami Kakuta 記事に関する記者への問い合わせ先: Dingmin Zhang in Beijing at +86-10-6649-7576 or dzhang14@bloomberg.net 記事に関するエディターへの問い合わせ先: John Liu at +86-21-6104-7024 or jliu42@bloomberg.net

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE