ブックオフ株が続伸、節約志向で中古本販売伸びる-上期業績上振れ

中古書籍販売を手掛けるブックオ フコーポレーションの株価が続伸。消費者の節約志向を背景に、中古の 本やゲームの販売が想定以上に伸びたことなどから、6日に4-9月期 業績予想の上方修正を発表した。据え置いた2010年3月期通期の業績 計画についても上振れ期待が強く、前週末比2.8%高の1338円で取引 を開始した。

4-9月期連結最終損益は3億5000万円の黒字になったもよう。 従来予想は損益ゼロ、前年同期は800万円の赤字だった。既存店、新店 ともに中古品の販売が好調だったほか、不採算店舗の収益改善や閉鎖、 店舗での生産性向上による販売管理費の圧縮なども寄与した。

10年3月期通期の見通しは変えなかった。主力のブックオフ事業 を中心に利益構成は下期の比重が大きいこと、下期に出店する大型新店 の業績への影響を見極める必要があることなどを理由に挙げている。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE