ベネズエラのチャベス大統領:米軍主導の攻撃抑止で臨戦態勢

ベネズエラのチャベス大統領は8 日、隣国コロンビア国内の駐留米軍増強が決まったことを受け、米国 主導の攻撃を抑止するため臨戦態勢に入るよう、政府軍と民兵に要請 した。

コロンビアと米国はこのほど、米軍によるコロンビア国内7基地 の使用などを認める協定に署名したが、チャベス大統領はこれがベネ ズエラにとって直接の脅威になると非難。同協定により、コロンビア は米国に主権を譲り渡したとも述べた。

同大統領は週定例のテレビ番組「アロ・プレジデンテ(こんにち は大統領)」で、「戦争回避のための最善策は戦争への準備だ」とした 上で、「コロンビアは米国に国家主権を譲り渡し、同国の新たな州とな った。攻撃という間違いを犯すべきではない。ベネズエラはあらゆる 行動をとる用意がある」と語った。

コロンビアのウリベ大統領が、チャベス政権はコロンビアの左翼 ゲリラに資金提供していると非難したことから、両国の関係は今年に 入って悪化している。両国は互いに米国に次ぐ貿易相手国だが、チャ ベス大統領はコロンビアと米国の軍事協定を理由に、コロンビアから の輸入を停止すると考えも示している。

-- Editors: James Langford, Sylvia Wier

--* 参考画面: 翻訳記事に関する翻訳者への問い合わせ先: 東京 若林 有紀 Yuki Wakabayashi +81-3-3201-2263 Ywakabayash1@bloomberg.net   Editor:Masashi Hinoki 記事に関する記者への問い合わせ先: Daniel Cancel in Caracas at +58-212-277-3712 or dcancel@bloomberg.net 記事に関するエディターへの問い合わせ先: Andrew J. Barden at +1-613-667-4804 or barden@bloomberg.net

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE