緒方貞子氏:アフガン支援、民生分野で年10億ドル必要-単独会見

国際協力機構(JICA)の 緒方貞子理事長はブルームバーグ・ニュースのインタビューに 応じ、日本は農業などの民生分野で年間10億ドル(約906億 円)規模のアフガニスタン支援を行う必要があるとの認識を明ら かにした。自衛隊のアフガン本土への派遣には否定的な考えを 示した。

インタビューは6日行った。緒方氏は日本政府に対し、「民 生安定に向けて十分、財政的にも政策的にも支援してほしい」 と強調。必要な支援規模については「2002年から今までは7年 間で20億ドルだが、需要はもっと大きくなっている。毎年20億 ドルとは言えないが、10億ドル近くなるのではないか」と語っ た。

鳩山由紀夫政権は13日からのオバマ米大統領訪日に向 け、今後のアフガン支援策の取りまとめを急いでいる。鳩山首 相は6日の参院予算委員会で、5年間で総額4000-5000億 円規模の支援を検討していることを明らかにしており、この支援 額は緒方氏らの主張に合わせたものだ。

緒方氏は、今後充実させるべき分野としては「農業はもっと できるし、もっとしなくてはいけないという形で考えている」と指 摘した。加えて、カブール首都圏の開発計画や、給与負担など 警察活動への支援などを挙げた。アフガン本土への自衛隊派 遣に関しては「あまり期待されていないのではないか」と述べ た。

JICAの資料によると、日本政府は01年9月11日の米同 時多発テロとその後の米国などによるタリバン政権崩壊を受け、 02年から約18億ドルの資金を投じてアフガンの復興支援を実 施してきた。

カブール首都圏開発

緒方氏は82歳。上智大学外国語学部長などを経て1991 年から2000年まで国連難民高等弁務官を務めた。03年から 現職。アフガン復興支援は「私の仕事人生において、おそらく 最も困難な任務」(JICA資料)と位置付けるが、自民党の小泉 純一郎政権でも首相特別代表として日本のアフガン支援に関 わった経験もある。

そんな緒方氏が率いるJICAの今後のアフガン支援は農業 とカブール首都圏開発が大きな柱となる。同氏「農村と都市の 両方での二本立てで、かなり国際的にもアフガニスタンの政府 側からも期待されている」と説明する。

このうち、カブール首都圏開発計画はJICAがアフガン政府 からの要請を受けて策定。JICAの資料によると、同計画は首 都圏の面積を2倍以上に拡大するもので、総額355億ドルを投 じ、2030年の完成を目指している。

緒方氏は「給水と排水という両方の大きな水事業も計画して いるし、首都圏の中で新しく生活する人の住居もやっている。循 環道路も計画しているのでお金はいくらでも使う余地がある」と 指摘する。

また、「アフガニスタンは根本的に農業国。農村を広げてい く、農業を広げていくというのは大きい事業だ」とも強調、民生 支援拡大への期待感を示す。

鳩山政権でのアフガン支援をめぐってはインド洋での海上 自衛隊による補給支援活動の取り扱いなど自衛隊の役割をどう 位置付けるかも焦点だ。首相は来年1月に期限を迎える補給支 援活動を延長しない方針をすでに表明しているが、野党となっ た自民党は活動延長を主張。臨時国会でも与野党論戦のテー マの一つとなっている。

補給支援活動

海自による補給支援活動は、米同時多発テロを受け、アフ ガンへのテロリストやその関連物資の移動を防ぐための海上阻 止活動を展開する米国などの艦船を支援するのが目的。中断 期間はあるものの、01年から約8年間にわたって続けられてき た。

「長いこと米国と日本とアジアの関係を勉強してきた」とも語 る緒方氏。「オバマ政権は各国の支援はその国が一番立派に できる分野でやってほしいというのを原則として出しているし、 アフガンの人々に対する支援を非常に重視している」と指摘し、 補給活動中止が日米関係に悪影響を与えることはないとの見 方を示した。

一方、アフガン本土での支援の在り方については、「日本の イメージというか、日本の本来やってきたこと、やれること、期待 されていることを考えたときは、民生というかシビリアン(文民) パワーとしての日本への期待が非常に大きい」と民生支援を充 実させることの意義を説いた。

--取材協力:杉本等Editor: Hitoshi Sugimoto, Tetsuki Murotani

参考画面: 記事に関する記者への問い合わせ先: 東京 広川高史 Takashi Hirokawa +81-3-3201-8641 thirokawa@bloomberg.net 記事に関するエディターへの問い合わせ先: 東京 大久保 義人 Yoshito Okubo +81-3-3201-3651 okubo1@bloomberg.net 東京 Bill Austin +81-3-3201-8952 billaustin@bloomberg.net

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE