米JPモルガンCEO、ベアーS部門のブローカーに実父を採用

米銀JPモルガン・チェースの ジェイミー・ダイモン最高経営責任者(CEO)の実父セオドア・ ダイモン氏(78)が、バンク・オブ・アメリカ(BOA)傘下メ リルリンチを6日に退社し、JPモルガン入りしたことが、事情に 詳しい関係者の話で7日、分かった。JPモルガンの広報担当者も これを確認した。

セオドア氏と同氏率いるブローカー5人のチームは、JPモル ガンが昨年3月のベアー・スターンズ買収に伴い取得したベアー・ スターンズ・プライベート・クライアント・サービシズ部門に移籍 する。直属の上司は、同部門のニューヨーク・オフィス責任者マイ ケル・リー氏。

ダイモンCEO(53)は10月27日、JPモルガンが最大1000 人の「とりわけ優秀な」ブローカーを確保する方針を発表した。同 社資料によると、同部門の昨年末時点のブローカー数は324人。 広報担当者によれば、今年これまでに70人強を加えた。

米金融取引業規制機構(FINRA)の報告書によると、セオ ドア氏は、シティグループの元会長サンフォード・ワイル氏が経営 した複数の企業で30年以上にわたりブローカーを務め、2006年 8月にメリルに移籍した。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE