ハリケーン「アイダ」、カテゴリー2に勢力発達-中心はキューバ西端

ハリケーン「アイダ」は、ユカタ ン海峡を移動中に、カテゴリー2に勢力を強めた。米国立ハリケーン センター(NHC)が発表したもので、米南部のメキシコ湾岸地域か らフロリダ半島地域が警戒態勢に入っている。

NHCの最新の情報によると、アイダは最大風速が時速約100マ イル(秒速約45メートル)。ニューヨーク時間午後4時(日本時間9 日午前6時)現在、時速約10マイルの速さで北北西に進んでいる。同 時点で中心はキューバの西端、西北西約160キロの地点。

NHCは、アイダは24時間以内に進路を北に変え、10日にはメ キシコ湾岸北部に接近する見込みだと発表。8日午後現在、米国の石 油生産の約4分の1が集積するメキシコ湾に進行しつつある。ただ、 9日には徐々に勢力が衰え、メキシコ湾岸北部に接近するまでの今後 2日のうちにハリケーンとしての勢いを失う可能性があるという。

ハリケーンの大きさを示すサファ・シンプソン・スケールは5段 階で、NHCによるとカテゴリー3以上が大型とされる。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE