米クラフト:英キャドバリー買収提案の条件引き上げ必要か-投資家

投資家らは、世界2位の食品メー カー、米クラフト・フーズが英菓子メーカーのキャドバリーの買収を 目指し続けようとするのであれば、提示している98億ポンド(約1 兆4600億円)規模の買収案を、9日の期限までに引き上げる必要が あるとみている。

クラフトは8月28日、キャドバリーの株式を1株当たり300ペ ンスの現金とクラフトの新株0.2589株で取得することを提案した。 11月6日の株価終値に基づくと、1株当たりの買収金額は717ペン ス。キャドバリーは、「低成長」のコングロマリットが提示した「魅 力のない展望」だとして提案を拒否した。英当局は、クラフトが正式 な買収案を提示するかどうかを決める期限を11月9日に設定した。 正式な案の提示を見送った場合、クラフトは6カ月間、新たな買収案 を提示できなくなる。

キャドバリー株を保有するレンズバーグ・シェパーズの株式スト ラテジスト、ジョン・ヘインズ氏(ロンドン在勤)は電話インタビュ ーで、「800ペンス未満での買収を試みた場合、投資家は興味を示さ ず『退出せよ』と言うだろう」と述べた上で、「ほかにまだ誰も関心 を表明していないことには驚いている。買収提案をしてくるだろう」 と語った。

キャドバリーは製菓業界世界2位、クラフトは同4位。調査会社 ユーロモニター・インターナショナルのデータに基づくと、買収が実 現すれば最大手のマーズを抜くことになる。クラフトとキャドバリー の関係者はいずれもコメントを避けた。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE