丸紅:イラクで工場の刷新・拡張事業受注、日本の商社で最大級-日経

大手商社の丸紅はイラクで大型肥料 工場の刷新・拡張事業を受注したと、8日付の日本経済新聞朝刊が報じ た。取材源は明示していない。イラク政府の民営化プロジェクトのひと つで、2011年までに老朽設備の改修や拡張工事を終える予定。

同紙によると、工場はバグダッドの北約200キロメートルにあるサ ラフディン州ベイジにあり、受注額は約100億円。老朽化から、本来の 年産能力30万トンから実際には18万トン程度に低下していた。同国で 外国企業が民間ベースの事業を受注するのはまだ珍しく、日本の商社と しても過去最大級の受注となると報じている。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE