出光や住友信:環境40事業で中国支援、省エネ・水処理など-日経

出光興産や住友信託銀行、日揮など が省エネや水処理、リサイクルなど環境事業で中国を支援すると、8日 付の日本経済新聞朝刊が報じた。中国での二酸化炭素(CO2)の排出 削減を支援するとともに、日本企業は協力事業を足がかりに、中国での 商機拡大につなげたい考えだと報じている。

同紙によると、日本と中国の官民が環境分野の約40の事業で協力 する。出光と住友信は中国の鉄道製造工場の石炭ボイラーの燃焼効率の 改善を支援。石炭エネルギーセンターなどは中国の電力業界に協力し、 石炭火力発電所の省エネを後押しする。ほかにも、日揮と丸紅が手掛け る昆明市の池の水質を浄化するなどの水処理事業や、住友商事やDOW Aエコシステムが天津市で実施する廃家電のリサイクル事業もあると いう。

8日に北京で開く日中省エネルギー・環境総合フォーラムで、関係 する政府系機関や企業・団体が事業を進めることで合意する。同フォー ラムには、日本からは直嶋正行経済産業相、中国からは李克強副首相が 出席する予定。経済産業省は事業の合計が150億円程度になる見通しと 算出する。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE